ハーブガーデンシャンプーはアトピーも使える理由【アレルギーは注意】

髪の質だけではなく、頭皮の環境も改善してくれると話題のハーブガーデンシャンプー。

そんなハーブガーデンシャンプーはアトピー肌でも使えます。

管理人2

ここでは、アトピーでも使える理由を詳しく解説していきます。

ハーブガーデンシャンプーはアトピーでも使える理由

ハーブガーデンシャンプーはアトピー肌でも使うことができます。

その理由は次の2つです。

理由①アトピーでも問題ないレベルの天然成分

まず、アトピーでも使える一つ目の理由は肌に優しい天然オーガニック成分で構成されているところです。

市販のシャンプーだと、化学物質を使って洗浄力を高めたり、シリコンを配合していたりと、髪や頭皮にダメージを与えやすいものが多いです。

しかし、ハーブガーデンシャンプーはオーガニックにこだわっているため、極めて低刺激で髪を洗うことができるため、アトピー肌の人でも問題なく使えるのです。

理由②アトピーでも問題ないという口コミが多い

ハーブガーデンシャンプーの口コミを確認してみると、次のような口コミがあります。

良い口コミ

アトピーを持っているのですが、それでもしみたり悪化したりということはありませんでした。
むしろ、他のアトピーに良いとされるシャンプーは髪がごわつくので苦手だったのですが、このハーブガーデンシャンプーはそんなこともなく、かなり気に入っています。

この理由から、ハーブガーデンシャンプーはアトピーでも問題なく使えるということが分かりますね。

ハーブガーデンシャンプーはアトピーでも使えるけど、直接的効果はない

ハーブガーデンシャンプーはアトピーでも使えます。

ただし、勘違いしないで欲しいのは、ハーブガーデンシャンプーにはアトピー肌が改善する成分は特に入っていないというところです。

なので、劇的にアトピーが改善するということは期待できないと言えます。

ですが、今まで使っていたシャンプーよりも天然のオーガニック成分が豊富なハーブガーデンシャンプーを使うことによってアトピー肌に負担がかからなくなります。

それによって間接的にアトピー肌が改善してくるということは考えれます。

ハーブガーデンシャンプーはアレルギーには注意

ハーブガーデンシャンプーはアトピー肌でも使えるレベルに安心なシャンプーです。

しかし、注意点としてはアレルギーを持っている人は成分を確認する必要があるということです。

もし、あなたが何らかのアレルギーを持っているなら、次の全成分にアレルゲンとなるものがないか必ず確認するようにしましょう。

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、サビンヅストリホリアスツ果実エキス、ヤシ油(V.C.O)、フムスエキス(フルボ酸)、シンジオフィトンラウタネニ核油(モンゴンゴオイル),バオバブ種子油、ユチャ油(サザンカ油)、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウムー10、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、シロキクラゲ多糖類、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

市販のシャンプーが平気であればあまり気にする必要はないかもしれませんが、アレルギー持ちの人は念のため確認しておくことをおすすめします。

口コミを知っておきたい人は次の記事をご覧ください。
→ハーブガーデンシャンプーの悪い口コミで判明【買っちゃダメな人】