頭皮環境を整え、育毛効果もあると言われるオーガニックシャンプー、アスロング。

そんなアスロングですが、副作用はあるかないか気になりますよね?

そこで、副作用について徹底調査してみました。

アスロングの副作用は危険?


まず、調査した結論としてはアスロングは副作用もない安全なシャンプーということがわかりました。

しかし、次の1点だけ注意しなくてはいけないことがあります。

注意点
・アルコールが苦手な人は注意

 

アルコールが苦手な人は注意

アスロングのシャンプーに入っているフェノキシエタノールは特に問題ではありません。(アルコールとフェノキシエタノールは別物です。)

しかし、トリートメントに微量のアルコールが含まれています。

なので、アルコールに極度に弱い人は購入は控えた方が良いかもしれません。

とはいえ、かなり微量なので通常はなんの問題もなく使えます。

 

ラウレス硫酸Naは全く問題ない

シャンプーにちょっと詳しい人であれば、ラウレス硫酸Naって危ない成分なんじゃないの?
と思われる人もいるかもしれません。

しかし、ラウレス硫酸Naが危険というのは全くの誤解です。

実は、ラウレス硫酸Naは、ラウリル硫酸Naというものを改善してできた成分なんです。

「ラウレス硫酸ナトリウム」はそんなラウリル硫酸ナトリウムの問題点を改善した洗剤になります。

ラウリル硫酸Naは肌にダメージを与えかねない成分だったので、その悪い噂が引き継がれてしまっていたというわけですね。

あの超人気美容評論家のかずのすけさんも言っているとおり、心配は不要です。

 

アスロングが安全な理由とは?

アスロングは極めて安全なヘアケアシャンプーです。

その理由は次の2点です。

 

・ノンシリコンで洗浄成分はオーガニック中心
・医療機関の安全試験をパス

 

ノンシリコンで洗浄成分はオーガニック中心

アスロングはノンシリコンでオーガニック成分が中心です。

洗浄成分は10種類のオーガニックエキスを使っていて、優しい洗浄を徹底しています。

また、ノンシリコンは、軋んだり指通りが悪いのを気にする人もいますが、アスロングは保湿成分もたっぷりのため、そのような心配もありません。

医療機関の安全試験をパス

アスロングは医療機関の安全性試験をクリアしています。

具体的には、芝パレスクリニックという医療機関協力のもと、20歳〜59歳までの女性・男性向けにパッチテストや皮膚刺激性試験を行なっています。

ここで、安全性に問題ないことが実証されているので、極めて安全と言い切れるんです。

 

・アルコールに弱い人はやめておいた方が無難
・それ以外の人にとっては極めて安全なシャンプー

 
>>【300名限定キャンペーン中】アスロングの公式サイトで詳しく見る
 
詳しく成分を知りたい人はこちらの記事をご覧ください
→アスロングの成分を徹底解析